関東絹の道とは、関東各地でつくられた生糸を貿易港の横浜へ運ぶための道である。
帰りは文明・文化を運ぶ道にもなっていた。
絹の道とともに発展していった地域、そこで活躍した人々、養蚕・製糸・絹織物などの産業を支えた技術や今に残る文化財について学習していきましょう。
 横浜市、八王子市、埼玉県域、群馬県域の資料をそろえました。

製糸場 絹の道の地図 ガス灯の写真

利用者の方へのお願い
※本サイト内の写真・音声・CG及び記事は、学校教育・社会教育での利用に限ってお使いください。
※個人の著作物(論文など)への利用は、ご遠慮ください。