少年科学館の春夏秋冬

目次

  • 7月の科学館 クサグモ

    生涯学習センターの生け垣をよく見ると、白っぽい塊があちらこちらにあります。そう、クモの巣です。

    • クモの種類

      日本では約1200種が知られています。家の中や庭、野原など、あらゆる場所に棲んでいます。クモは網を張って獲物を待ち構える姿を想像しますが、半分の種は網を張らずに獲物を捕まえます。また大あごには毒腺があり、獲物にかみついて毒を注入することで動きを封じて捕食します。なかには、人間に害を及ぼすほどの強い毒を持つものもいます。

      クモの巣

      クモの巣

      クモの巣

      クモの巣

    • クサグモ

      クサグモは体長15mmほどで、庭木や生け垣などによく見られる身近なクモです。生け垣などに白くなるほどの巣が張られている場合は、クサグモの巣であることが多いです。指で巣に軽く振動を与えると、獲物と思ったのか巣の奥からさっと現れました。

      クサグモ

      クサグモ

      クサグモ

      クサグモ

    「クモは苦手だ」という人は多いのかな。でも、ハエや蚊、ダニなどを捕まえる益虫でもあるんだよ。ひかる

  • 6月の科学館 実がなる木

    生涯学習センターにある実がなる木を紹介します。

    • マテバシイ

      ブナ科の常緑高木で、地味で独特の香りのある花をつけます。6月には樹全体が黄色く感じるくらいに花がつきます。マテバシイという名前には、マテガイに似た葉のシイノキという意味があります。丸ではなく細長い実(ドングリ)がなります。渋みの元となるタンニンが少ないため、他のドングリと違って、アク抜きせずに火を通して食べることができます。このため、古くから食料として集落の近くに植えられてきました。

      マテバシイ

    • ヤブツバキ

      ツバキ科の常緑樹です。葉がつやつやして光沢があることから、光沢を意味する古語の「ツバ」を用いて「ツバの木」と呼ばれ、これが「ツバキ」になったという説があります。冬から春にかけて花をつけます。6月には大きくなった実を見ることができます。ツバキの実をしぼってとれる油は椿油と呼ばれ、オリーブオイルのように、食用、整髪料、燃料など、さまざまな用途で使われます。

      ヤブツバキ

    実がなる木を紹介しました。食べられるからといって、そのまま口にしないでくださいね。ひかる

  • 5月の科学館 シロツメクサ

    木々の緑がまぶしい季節、ふと足元を見ると「四つ葉のクローバー」を見つけました。

    • シロツメクサ

      シロツメクサは、マメ科の多年草です。帰化植物ですが、現在では日本各地に自生しています。通常は、四つ葉ではなく、三つ葉のクローバーです。小さな葉(小葉)が3つ集まり一つの葉を作っています。

      シロツメクサ

    • 不思議なことに四つ葉のクローバーが多い、シロツメクサの群生があります。遺伝的な影響や環境の中で、成長点が傷ついて四つ葉になりやすいと言われています。生涯学習センターでも見つけましたので、写真の中で四つ葉のクローバーを探してみてください。

      シロツメクサ(四つ葉のクローバーを探してみて)

    • 花は、白く、茎の上に丸くちょこんと咲いているようですが、実は小さな花がいくつも集まったものです。

      シロツメクサ

    • さらに、一つ一つの花を眺めると、花びら(花弁)は、同じ形のものがついているわけではなく、大きな帆のような花びら(旗弁)が1枚、横から小さな花びら(翼弁)が2枚、その中にもう2枚(竜骨弁)あります。

      シロツメクサ

    生涯学習センターの敷地内で、今、前橋市の下水の工事をしています。入ってはいけないところがあります。上手に観察してください。ひかる

  • 4月の科学館 春の香り

    生涯学習センターのサクラも咲いたと思ったら、あっという間に満開になりました。 みなさんは、サクラの花の香りを嗅いだことがありますか?

    • 1.サクラの木

      サクラの木の下で深呼吸をしてみると、「桜餅のにおい」がしてきます。この表現はおかしいですね。桜餅の葉からサクラの香りがしているのですが。サクラの香りを一番感じるのも春のような気がします。葉桜になっても香りはしますので、ぜひ、お近くの桜の木の下で、深呼吸をしてみてください。

      サクラの木の写真

      サクラ

    • 2.クスノキ

      春の香りと言えば、生涯学習センターのクスノキの葉もとてもすがすがしい香りがします。ちょうど、一気に葉を代えるため、葉が落ち始めているところです。一枚拾って、そっと嗅いでみてください。こちらの香りの成分は、虫除けの樟脳に使われています。サクラもクスノキも公園や学校、神社等に植えてあることが多い木です。ぜひ、みなさんもお近くの春の香りを楽しんでください。

      クスノキの写真

      クスノキ

    春は自然の中に素敵な色が多くなる季節だけど、香りもいっぱい漂うんだね。 ぼくも、春の香りを探してみたいな。ひかる